恋愛結婚でマタニティウエディングが増えている

カップル

日本では、恋愛結婚で結婚する前にすでに子どもができてしまっているというカップルが増えています。昔の人からすれば、そんなはしたないことは許さないと思われるかもしれませんが、マタニティウエディングが出来る会場が増えています。つまり、それほど特別なことではないと思われ始めているということです。

普通の体の状態の新婦と違い、子どもを宿しているので結婚式には細心の注意を払います。マタニティドレスで体を締め付けないようにして、式の進行も新婦の体に負担がかからないように行なっていきます。

ウエディングパーティの中で子どもがいることを発表する人もいますし、特別それには触れないで行うケースもあります。マタニティウエディングの場合は、一言求められるゲストも気を使い、新郎新婦から要望がなければ子どものことについては触れないという暗黙のルールがあります。

以前の日本であれば恋愛結婚で子どもができてしまったら、人前で結婚式をするのは恥という文化がありましたが、今ではどんな新郎新婦でも受け入れられています。

マタニティウエディングを行う場合は、新婦のお腹があまり目立っていないうちに行うことや、体調が良い日を選んで行う必要があります。