友人のウエディングに気合を入れる

カメラマン

友人の結婚式に招待されたとなると、日本の女性たちはウエディングドレスの色は避けつつも、最大限おしゃれしようと張り切ります。ウエディングパーティでは新婦が主役なのですが、そのことを忘れて自分が着飾ることに一生懸命になります。

中には間違って新婦の色である白を堂々と着てしまう人もいますし、髪型に力を入れすぎて新婦より目立ってしまうこともあります。その逆に、リクルートスーツなどでピシッとした姿で現れてしまう人もいます。

友人が主役ということは置いといて、自分も目立ってあわよくば会場にいる男性の心をゲットしたいと考えている女性もいるようです。

男性の方はというと、あまり服装にこだわる人はいません。中にはお葬式に着ていったと思われる線香の匂いがする背広を着てくる人すらいます。男性はネクタイの色を変えるだけで冠婚葬祭行事をこなせるので、これはこれで便利なのでしょう。

もちろん、みんなが華やかな衣装を着てきてほしいと望んでいる新婦もいますが、あまりにも場をわきまえない目立つ服装はご法度です。最近ではウエディングパーティに何を着ていけばいいのかを必死にネットで検索して選ぶので、同じような格好の人が増えています。