キャンドルにかかる費用に疑問視

日本のウエディング業界を俯瞰して見ると、ビジネスの巨大化が伺えます。結婚式は、新郎新婦双方の親族が祝う儀式なので、経費がそれほどかかるものではありません。しかし、「平均費用総額360万円」を見ても分かる通り、新郎新婦の貯金と親族の負担だけではとてもカバーできません。そのため、招待客からご祝儀を募って結婚式の費用を払うかたちをとります。問題は、ご祝儀のシステムが形式化されているところで、3万円が相場となっているものの極めて高額な費用です。実際に、ご祝儀に関する金額は何かと問題になりやすく、挙式に参加する側・される側も疑問視しているほどです。

結婚式の費用の内訳に、ウエディングの演出が含まれています。演出には、オープニングビデオやビールサーブなどが該当し、キャンドルサービスは特に知られています。そのキャンドルサービスも2~8万円と費用に差が開いており、演出の相場額も平均30万円程度かかるものです。最近では、お金をかけない結婚式が各家庭で見直されており、ご祝儀を受け取らないことで費用を抑える目的を果たすことができます。キャンドルサービスも同様で、経費削減の一環のもと、100均のアイテムを代用して見事な演出を魅せた挙式も聞かれるほどです。

招待席